神社の豆知識

HOME > 浅草神社 > 神社の豆知識

神社の豆知識

大祓(おおはらい)

大祓とは

1年もしくは半年の内に、自分自身が知らず知らずのうちに犯した罪や過ちまた心身の穢れ(けがれ)を祓い清め、本来の清浄な心身に戻り日々の生活を営むための神事です。

この神事は毎年6月30日と12月31日の二回行われ
6月の大祓を『夏越し(なごし)の大祓』
12月の大祓を『年越しの大祓』とも言います。

神事には、人形(ひとがた)という祓具(はらいぐ)によるお祓いや、茅輪(ちのわ)くぐり(6月のみ)が挙げられます。

茅輪は、茅草(かやくさ)で作られた大きな輪で、それをくぐることで疫病や罪穢れが祓われると言われています。

茅輪のくぐり方(6月のみ)

左まわり、右まわり、左回りと、八の字を描くように三度くぐりぬけます。こうして、心身共に清らかになって、神社へ参拝します。

浅草神社では、6月15日頃~6月末日まで社殿前に、茅輪を設置致します。

茅輪
茅輪(ちのわ)

茅輪製作
茅輪製作

人 形

人形人形は撫物(なでもの)ともいい、紙を人の形に切り抜いた物です。これに名前と年齢を書いて、身体を撫で、息を三回吹きかけます。

そうすることにより、自分の罪穢れを移し、我が身の代わりに清めるというものです。

浅草神社におさめられた人形は、

6月30日午後三時
12月31日午後三時

に大祓の御祈祷を行った後、お焚き上げします。

このページの先頭へ