神社の豆知識

HOME > 浅草神社 > 神社の豆知識

神社の豆知識

節 分

「節分」とは立春の前の日をさします。そもそも節分という語は、立春だけに限らず立夏・立冬・立秋の前日をさし、四季の節目を意味していた言葉でした。つまり節分は一年に四回あったわけですが。旧暦では立春が年の始まりにあたったことから、この節目が特に重用しされて、いつしか節分といえば、立春の前日を指すようになったのです。

節分には、災厄や邪気を祓う行事が行われますが、その代表的なものに「豆まき」があります。年男は「福は内、鬼は外」と唱えながら、煎った大豆をまいて鬼を祓うこの行事は、中国の明の時代の習慣を、室町時代に取り入れたといわれています。かつては、豆まきを「追儺(ついな)」「鬼遣らい(おにやらい)」といい、宮中の年中行事の一つでした。舎人(とねり)が扮した疫鬼を追い払うことにより、災厄を祓い除くというこの儀式が、次第に民間に伝わっていったのです。

また、関西地方では、節分の日に太巻きずしを食べる習慣があります。
太巻きを鬼の金棒に見立てて食べることで、「鬼を退治する」という意味がこめられています。また、切らずに長い太巻きをそのまま食べることで「縁を切らない」とか、巻きずしなので「福を巻く」という意味合いもあり、多くの人に福が来るようにという祈りがこめられています。この食べ方も様々で、「恵方と呼ばれる方角を向いて食べる」「立ったまま食べる」「笑いながら食べる」「食べ終わるまでおしゃべりをしてはいけない」など、その地域の風習によって違ってくるようです。

このページの先頭へ